資料解釈

資料解釈

資料解釈は、表やグラフから正しい情報を読み取る科目です。
与えられた資料から、各肢の正誤を素早く正確に計算・判断する必要があります。

スポンサーリンク
レク大

難易度

★☆☆(やさしい)

判断推理・数的推理のようにパターンを覚えて駆使する必要はなく、計算のコツと表やグラフに慣れてしまえば何ら問題なく、仕上げるのに時間もかかりません。

勉強開始時期

公務員試験勉強の中盤から終盤に始めるのがおすすめです。
本命の試験で資料解釈の出題数が多いのであれば、序盤から対策するのもあり。
基礎能力科目(知能分野)の中では出題数も少なく、仕上げるのに時間もかかりません。

おすすめ参考書・問題集(過去問集)

この2冊のみで仕上がります。
導入は畑中先生の最新の本を使っていれば間違いありません。
非常に見やすく、解説が丁寧でわかりやすいので、独学で公務員試験を受験するほとんどの人が使っているはず。
もちろん私も公務員試験受験生の時は大変お世話になりました(畑中敦子の資料解釈の最前線!)。

勉強方法・対策

まずは、畑中敦子の資料解釈ザ・ベスト プラスを回します。
あくまでも導入なので、この本で計算のテクニックを学び、表やグラフに慣れてください。
回すのは1回、多くても2回で十分です。

その後、公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 文章理解・資料解釈にとりかかります。
問題を解くときは、ストップウォッチで時間をはかりながら、公務員試験本番と思って、集中して解いてください。
1問あたり何分で解けたかをメモしておくと良いです。

畑中本で勉強したテクニックを駆使できず、肢が切れないときもあります。
そんなときはガリガリ計算して解いてください。
公務員試験本番でもそのような場面が必ずあり、ガリガリ計算して回答にたどりつく練習も必要です。

試験本番まで毎日解く必要はないと思います。
勘が鈍らないように、1週間のうちに何日か資料解釈を解く日を計画的に入れると良いです。


私が公務員試験受験生の時は、スー過去はほとんど解かず、畑中本を回して仕上げました。
試験が終わり振り返った時に、スー過去を使って本番さながらの雰囲気で問題演習すればより良かったと思いました。

スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする