憲法

憲法

憲法は、多くの公務員試験で出題され、理解もしやすいことから、多くの公務員試験受験生にとって一番最初に勉強する法律系科目になります。

スポンサーリンク
レク大

難易度

★☆☆(やさしい)

憲法は国の基本法であり、義務教育の過程で学んでいることからも馴染みがある科目です。
条文数が少ないうえに、出題範囲も人権と統治の分野からがほとんどであるので、時間もあまりかかりません。
さらに、条文と最高裁判例の理解と暗記が中心の暗記科目になるため、公務員試験受験生であれば必ず仕上げてきます。

仕上げるのが当たり前なので高い完成度が求められ、公務員試験受験生の間でほとんど差がつかない科目となり、憲法を落とすとかなりの痛手となります。
必ず得意科目にしましょう。

勉強開始時期

公務員試験勉強の序盤から始めておきましょう。
専門科目で初めに勉強するのは憲法をおすすめします。
難易度が低く、立ち止まることなく順調に勉強が進むので、憲法で公務員試験勉強のペースを作りたいところです。

おすすめ参考書・問題集(過去問集)

この2冊で仕上げます。
スー過去のレジュメと解説が秀逸とはいえ、問題によっては、判例や通説・少数説の理解まで要求されます。
スー過去のレジュメや解説では足りない部分や理解できないところをまる生で補うという使い方です。
まる生はあくまでも参考書なので、回すのはスー過去ということを忘れないよう勉強をすすめてください。

まる生以外にも憲法の参考書として人気がある本はいくつかあります。
国家試験受験のためのよくわかる憲法もそのひとつですが、独学で勉強するということを考えた時、まる生以外の選択肢はないというのが個人的な見解です。
見やすさ、わかりやすさともにまる生が上です。
とは言え、自分に合った参考書を使うのが一番よいので、Amazonの「なか見!検索」で見比べてみたり、本屋で実際に手にとってみてください。

余談ですが、私が公務員試験受験生の時は、司法試験で有名な伊藤真先生の伊藤塾の「憲法攻略」ゼミという本を参考書代わりに使っていました。

勉強方法・対策

憲法に限って言えば、いきなりスー過去を解きはじめるのが良いと思います。
事前に参考書で勉強する時間がもったいないくらい簡単です。

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 憲法をただひたすら回すだけですが、私のスー過去の回し方を参考にしていただければと思います。
回し方のイメージは、最初は浅く、徐々に深くという感じですが、人により公務員試験本番まで残された時間が違うと思うので、回転数を調整してもらえればと思います。

1回転目の回し方です。

  1. 問題を解く前にレジュメ(POINT)を読む(書いて覚える必要なし)
  2. ざっと頭に入れたら、必修問題を解いて、解説を理解する
  3. 実戦問題*のみ解いて、解説を理解する

理解しにくいところのみ郷原豊茂の憲法まるごと講義生中継 第3版 (公務員試験 まるごと講義生中継シリーズ)で補強してください。
この段階でマーカー等絶対引かない、スー過去はきれいなままです。

2回転目は、1回転目と同じ方法で回しますが、実戦問題**まで解きます。
また、判例の結論を強く意識して読み込んでください。

3回転目は、2回転目と同じ方法で回しますが、実戦問題***まで解きます。
3回転目ではじめてスー過去のすべての問題を解くことになります。
さらに3回転目はマーカーを使います。

  • レジュメ(POINT)と解説にマーカーを引く
  • マーカーを引くのは自分の覚えていなかった苦手なポイントと、レジュメにのっていない判例・知識が解説にのっている部分

実戦問題***の問題にもなると、判例の結論だけでなく、通説・少数説にまで踏み込んだ問題も出題されますが、臆することなく暗記するだけです。

  • 説の内容(どんな説なのか)
  • 説の理由づけ(どういう理由でその説が存在するのか)
  • 説への批判(その説にはどんな問題点があるのか)

4回転目は、3回転目でマーカーを引いた個所を強く意識して回してください。
問題を解く時に、間違えた肢・知識があやふやな肢に○をつけておくと良いです。
○をつけた肢とマーカーを引いたところだけをざっと見直せば、公務員試験直前の総復習を短時間で行うことができて便利です。

スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする