独学での公務員試験の勉強方法に悩む

インターネットでの検索により、公務員試験に独学で挑戦しようと決めました。

決めたはいいのですが、独学でどのようにして勉強すればよいか、果たして合格できるのか等、独学に関する情報があまりありません。

しかし、色々とインターネットで調べているうちに、今後の受験勉強の指針となる一冊の本と出会います。
公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法【2018年度版】という本です。
すぐに購入し、何度も何度も読み返しました。

  • こう勉強すれば合格できる、こうしてはダメ
  • この問題集(過去問集)・参考書はつかえるが、これはダメ

といったように、やるべきこと、してはいけないことを具体的にわかりやすく書いてくれています。

そもそも独学で公務員試験に合格するために、何から始めればよいか、どんな問題集(過去問集)があるのかすらわかっていない、独学受験に対する不安でしょうがない私に、安心と自信を与えてくれ、予備校に通わなくても独学で合格できる、そう思わせてくれる本でした。

スポンサーリンク
レク大

受験計画を立てる

この時、12月の中旬頃だったと思います。
公務員試験はたくさんの種類があるので、どの試験を受けるかを決めることでスケジュールを立てることにしました。

ターゲットは大卒程度の公務員試験であり、とりあえず、国家公務員Ⅱ種試験(現在は国家公務員一般職試験)、裁判所事務官Ⅱ種試験(現在は裁判所事務官一般職試験)、国税専門官、国立大学法人、地方上級試験(市役所・県庁)あたりに絞り込みをかけ、できるだけすべての試験に対応できるようにと考えました。

公務員試験まで残された時間は1年半弱。
まだまだ不安もありましたが、これから始まる公務員試験の独学受験生活に胸躍る気持ちがとても強かったことを今でも覚えています。

スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする