行政法

行政法

行政法は、憲法同様に多くの公務員試験で出題され、多くの公務員試験受験生が選択する法律系科目です。

よく勘違いされる方がいますが、行政法という法律は存在しません。
行政に関する法律をひとくくりにして行政法と呼んでおり、多くの法律から構成される科目となります。
そのため、憲法と比べると全体像がつかみづらい、イメージしにくいという点があり、出題内容も細かく、各法律の改正や改正後の判例も追っていくことになります。


身近な例として、ニュースで行政代執行や国家賠償という言葉を耳にすることがあると思いますが、それぞれ行政代執行法・国家賠償法という法律(行政法)で規定されています。

スポンサーリンク
レク大

難易度

★★☆(普通)

多くの方が公務員試験で最初に手をつける法律系科目は憲法になると思うのですが、行政法は憲法に比べると難易度は高めです。

初めに書いたように、多くの法律で構成される科目になるので、全体像がつかみづらく、理解しづらいためです。
また、民法ほどではありませんが、細かい知識の詰め込みも必要になるので、憲法よりも仕上げるのに時間もかかり、知識のメンテナンスもより必要になります。

ただし、最終的にやることは同じです。
各法律の重要点・条文・判例を整理して暗記するだけなのです。
上手に整理して暗記できるかどうかが攻略の鍵になります。

勉強開始時期

公務員試験勉強の序盤から始めておきましょう。
憲法を勉強して、法律系科目の雰囲気にある程度慣れたら行政法を始めるのが良い思います。
勉強開始当初はなかなか理解が進まず、憲法に比べると進捗が遅いなと感じると思いますが、焦らずじっくり進めてください。

おすすめ参考書・問題集(過去問集)

この2冊で仕上げます。
行政法は、スー過 or クイマスとしていますが、理由があります。
公務員試験の過去問集といえばスー過去、というくらい大人気のシリーズなのですが、行政法は私が受験生時代の時から解説が分かりづらいと悪評でした。

私自身振り返ると、受験生の時にスー過去を使っていましたが、わかりにくいと感じたことはそんなにありませんでした。
また、3回受験した多某大手予備校の模試でも、行政法については2回満点をとり、国税専門官試験の行政法も満点だったということもあり、そこまで気にする必要はないと思っているので、私はスー過去をおすすめします(過去問集はできるだけ一つのシリーズで統一した方が使い勝手も良いと思いますし、クイマスは何かと無駄が多い印象)。

しかし、受験生は皆そういう悪い評判に敏感になりますし、もし、行政法を苦手だと感じた時、スー過去を使っていたことでやりきれない気持ちになることが想定されるならば、クイマスを使った方が良いです。

そしてもう一つ、私の個人的な見解を書きたいと思います。
過去問集は、一冊を何度も回すことが非常に重要であり、基本的に浮気する(他の過去問集に手を出す)必要はありません。

(例)
パターン1 参考書(ex まる生)⇒過去問集(ex スー過去)
パターン2 参考書(ex まる生)⇒過去問集(問題集)A⇒過去問集B(ex スー過去)

パターン1は○ですが、パターン2は×ということです。
詳しく説明します。

パターン1が理想形です。
時間をかけずに参考書を通読し、ざっくりと頭にいれたところで、1冊の過去問集を何度も回して仕上げるというパターンです。

そして、私が声を大にして言いたいのがパターン2についてです。
時間をかけずに参考書を通読した後、最終的に回す予定の過去問集の前に、理解を促進させるための過去問集や問題集を使うことは基本的におすすめしません。

時間をもっと賢くつかうべきです。
間に他の過去問集なり問題集をはさむと確かに理解しやすくはなるでしょう。
しかし、公務員試験の行政法はそこまで理解が困難な科目でしょうか。
私はそうではないと思います。
憲法に比べると理解しにくいとは思いますが、過去問集のレジュメや解説で理解できなければ、参考書やスマホで調べればどうにかなるレベルです。

私も受験生の時に、憲法や行政法等でスー過去の前に問題集をはさんだのですが、公務員試験勉強の終盤に差し掛かった時に必要なかったなと痛感しました。
おそらく多くの受験生が理解を促進させるためと妄信し、1,2回通しでやって最終的な過去問集にとりかかると思うのですが、そもそもその程度で理解できる内容であれば、やる必要はないのです。

他の過去問集や問題集にかける時間は、最終的に回す過去問集に使ってください。
1回でも多く回してください。
その方が最終的な到達点は上になると信じて疑いません。

ちなみに、一冊の過去問集を完璧につぶしたのであれば、さらにハイレベルな過去問集(問題集)に取り組むのはありだと思います。


ただし、ミクロ経済学・マクロ経済学は例外です。
理解し基本的な知識を定着させることが他の科目と比べて段違いに難しいと思います(特に文系の受験生)。
間に理解を促進させる問題集をはさむことをおすすめします。

勉強方法・対策

まずは、新谷一郎の行政法まるごと講義生中継 第3版 (公務員試験 まるごと講義生中継シリーズ)を通読してください。
行政法ってこんな感じなんだ、ということをざっくり理解できればよいので、時間をかける必要はありません。

その後、公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 行政法(もしくは公務員試験 過去問新クイックマスター 行政法 <第5版>)をひたすら回すだけです。
過去問集の回し方は、憲法の記事を参考にしてください。
同じやり方で問題ありません。

注意点を一つだけ。
憲法より1回転目に時間がかかります。
スー過去(クイマス)のレジュメや解説で理解が進まないときは、その都度、まる生の該当部分を読み込む、PC・スマホ等で調べるという作業を丁寧に行ってください。
その際、まる生の該当箇所に付箋をつけ、調べた内容等は、まる生に書き込んでおいてください。
2回転目以降の効率が飛躍的にあがります。

スー過去とクイマスのページ数を比べてみてください・・・

スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする